臨床工学技士は病院の収入に直接結びつくような職種ではないので

臨床工学技士は病院の収入に直接結びつくような職種ではないので、事務部門からはあまり高い評価を得る事が出来ないケースが多いです。
その為、他のコメディカルと比べ給料が安く抑えられる場合が多々あり、私も以前の職場では満足のいく給料を貰えませんでした。
ただ、臨床工学技士長が事務部門である程度のポジションにいるような病院の場合、「収入に結びつかない業務」の評価をしてくれるので、そんな病院を探して転職活動をしていました。
結果、医療系専門の転職サイトでそのような病院を見つけて転職し、今に至っています。
給料は以前の職場の1.3倍程度になったので満足です。
その分忙しいですが…
やはり自分の職種の価値が分かる病院とそうでない病院があり、遣り甲斐も全く違いますので、評価もしてくれて遣り甲斐のある職場に転職できて良かったと思っています。
ただ、闇雲に「転職したい」と何か所も務めるのではなく、今の職場である程度実績を作っておいた方が転職に有利だと思います。(学会発表、学会認定資格取得など)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です